転職するなら今でしょ! 転職するなら今でしょ!

管理人は20代の頃から何度も何度も転職を繰り返してきました。そうした経験から特に20代の転職は早ければ早いほど有利であることや、環境を変えることで視野が広がり自分の志望分野の見極めにも役立ち、良いキャリア形成につながることを実感してきました。それらの経験を提供するためにこのサイトの運営をしています。何かお問い合わせがあればこちらのリンクからご連絡ください。

やり直すなら今すぐに

やり直すなら今すぐに

転職に感じる恐怖

何か理由があって転職することを志したとしても、恐怖や不安を感じて断念してしまう方も多いのではないでしょうか。また今の職場に不満があって転職を行う場合、逃げることは悪いことだという考え方を持っているために転職活動を躊躇する場合もあると思います。そこまで大げさではなくとも他に今の職場でもう少し頑張れることがある、もっと高い評価を得てから転職しようというポジティブな理由で転職活動を始めていない方もいるでしょう。
ただ今の職場で行き詰まっているのであれば、もちろん場合によりけりではあるものの早めに見切りをつけて転職を行った方がキャリアも人生も良い方向へ進んで行く場合が多いのです。

今の会社が全てではない

転職を望みながら二の足を踏んでしまう人の場合、今の職場へのこだわりが強い方が多いです。今の職場のままであれば何か不満があったとしてもこれまで積み上げてきた経験や信頼がありますので、最低限自分を守ってくれることも多いので先が読めるのです。活躍をしてきた自負もあれば特にこだわりも大きいでしょう。
一方転職をして結果がどう転ぶのかは最後はやってみなければわかりません。これまで積み上げてきたものを崩すのですから恐怖を感じます。しかし今の会社決して全てではありません。

環境を変える重要性

例えば本当は内向的で初対面の人と話すのは苦手なのだけれども、何度も相手と会って人柄や誠実さを理解してもらうことで信頼関係を築いていくことは得意という方がいたとします。その人が一つの訪問先に1〜2回しか訪れることができないタイプの新規開拓の営業で成果を上げるのは大変でしょう。しんどさも感じ精神を病んでしまうかもしれません。しかしルート営業や御用聞き営業のように相手と複数回会って信頼関係を築くことが重要になってくるような営業の場合は大活躍するかもしれません。前者の職場であれば使えない奴扱いを受けるかもしれませんが、後者の職場であれば一転してスターになります。

今の職場を続けるリスク

また、転職を望みながらも今の仕事を続けるリスクにも目を向けましょう。やはり場合によりけりで一概には言えませんが、転職は若ければ若いほど有利です。また年齢が上がれば上がるほど専門分野外への転職は難しくなります。本当にしたい仕事があって、それが今の仕事とまるで違うのであればキャリアの変更は早い方が良いでしょう。今の仕事で一定以上の成果を収めてから転職をするというのも一つの立派な考え方ですが、状況によっては間に合わなくなるかもしれません。

更新日:2016.2.11

PV数No.1!

ボーナス支給後もアリ

転職をする際に、ボーナスを貰った後で今の職場を辞めたいけれどもそれでは角が立たないかと悩まれる方は多いのではないでしょうか。確かに全ての転職のケースでボーナスの支給直後の転職が上手くいくわけではありません。しかし、ある程度のコツを押さえて上手く立ち振る舞うことで、ボーナス支給直後に転職をすることも可能です。ただし、新しい転職先に迷惑をかけるようなことは無いよう気をつけましょう。

READ MORE