転職するなら今でしょ! 転職するなら今でしょ!

管理人は20代の頃から何度も何度も転職を繰り返してきました。そうした経験から特に20代の転職は早ければ早いほど有利であることや、環境を変えることで視野が広がり自分の志望分野の見極めにも役立ち、良いキャリア形成につながることを実感してきました。それらの経験を提供するためにこのサイトの運営をしています。何かお問い合わせがあればこちらのリンクからご連絡ください。

転職先選びは社風が大事!自分に合った仕事の選び方とは

転職先選びは社風が大事!自分に合った仕事の選び方とは

社風って何のこと?

社風とは、一言でいえばその会社が持つ雰囲気やカラーのこと。世の中には、伝統的を重んじる企業もあれば、斬新なやり口で新しい分野にチャレンジする企業もあり、両者は全く異なる雰囲気を持っています。
社員同士のコミュニケーションが活発でアットホームな企業がある一方で、仕事中は余計な雑談がなく、プライベートでの付き合いは一切ないという企業もあるでしょう。
残業が美徳とされる職場もあれば、実力主義で能力のある人がどんどん出世する職場もありますが、そういった点は全て「社風の違い」として説明できます。

このように企業にはそれぞれ多様な社風があり、転職の際は仕事内容はもちろん、「社風が自分と合うか」を考えることがとても大切。希望の仕事でも社風が合わなければ会社にいる時間が苦痛になり、早期退職してしまうかもしれません。
どんな環境で働きたいかはその人次第なので、自分がどのような社風と相性が良いのか考えてみましょう。

自分にはどんな社風が合うか考える

自分に合った社風がわからない時は、今までの離職理由や、今回の転職の動機について振り返ります。離職理由に社風が関わっているようなら、そこからあなたにぴったりの社風が見えてくるはず。
例えば、上の人に意見できない環境に悩んで転職する人は、次は上層部に対して自分の考えを主張できる、ボトムダウンの社風を持った企業を選ぶと良いでしょう。
離職理由に加えて、「これだけは絶対に嫌だ」ということを挙げてみても、自分に合った社風が見えてきます。例えば、年功序列が嫌なら実力主義の企業を選ぶ、希薄な人間関係が嫌なら社員の仲が良い企業を選ぶという風です。
また、自分のタイプが明確ならば、そこから相性の良い社風を見つけることもできます。例えば文化系タイプの人は、不合理な人間関係や、過度な上下関係がない職場が合っているのではないでしょうか。

どこから社風を判断する?

会社の雰囲気をリアルに感じられる一番の機会は、面接当日。面接中の面接官の態度はもちろん、面接会場にたどり着くまでの受付の雰囲気や、すれ違う社員の様子からも、職場の雰囲気をチェックできます。職場が見学できる時は、職場の清潔感はどうか、働いている社員は活き活きしているか、といったポイントを観察してみてくださいね。
それから、面接で社風に関する質問をしてみるのもOKです。例えば、「職場の仲間と積極的にコミュニケーションをとりたいのですが、イベントや飲み会といった社員交流の機会はありますか?」「○○様(面接官)にとって、チームで働く喜びは何ですか?」といった質問で、社風を探ることができます。

面接前であれば、企業のWebサイトや企業が発信するSNSからも、会社のカラーをつかめます。Webサイトや求人広告に写真がある場合、写真から社員の年齢構成や職場の雰囲気を推測できますね。
募集要項にインセンティブかあるか、キャリアアップ制度についての説明があるかといった点も、細かくチェックしておきましょう。

更新日:2019.4.4

PV数No.1!

ボーナス支給後もアリ

転職をする際に、ボーナスを貰った後で今の職場を辞めたいけれどもそれでは角が立たないかと悩まれる方は多いのではないでしょうか。確かに全ての転職のケースでボーナスの支給直後の転職が上手くいくわけではありません。しかし、ある程度のコツを押さえて上手く立ち振る舞うことで、ボーナス支給直後に転職をすることも可能です。ただし、新しい転職先に迷惑をかけるようなことは無いよう気をつけましょう。

READ MORE