転職するなら今でしょ! 転職するなら今でしょ!

管理人は20代の頃から何度も何度も転職を繰り返してきました。そうした経験から特に20代の転職は早ければ早いほど有利であることや、環境を変えることで視野が広がり自分の志望分野の見極めにも役立ち、良いキャリア形成につながることを実感してきました。それらの経験を提供するためにこのサイトの運営をしています。何かお問い合わせがあればこちらのリンクからご連絡ください。

20代後半が有利な理由

20代後半が有利な理由

社会人としての20代後半

20代の後半という年齢は該当する人達が思う以上に転職に有利な年齢です。まだ若手ではありますが、既に新卒として採用されてから5~10年ほど働いていますので、社会人としての基礎力やビジネスマナーは申し分ありません。もちろん業務ごとの個別知識は教えなければなりませんが、新卒向けと同様の基礎研修などは必要ないのです。それでいて年齢の若さから体力もあり、今後の成長余地も大きいため可能性を期待させてくれる存在でもあります。

経験不足と躊躇しない

一方そのような会社からの期待に対して、20代の後半ではまだまだ経験や実力が不足しているという自覚があり、転職を望んでいるにも関わらず二の足を踏んでいる方も大勢います。これはとてももったいないことといえるでしょう。20代の後半に求められていることは社会性やビジネスマナーなどの基礎力の充実であって専門知識や専門スキルではありません。だからこそ経験不足であっても基礎力さえしっかりしていれば受け容れて貰えるし、これまでのキャリアとは異なる専門分野に進む場合も年齢が障害にならない最後のチャンスなのです。

30代と20代で異なる要求

これが30歳を超えてしまいますと基礎力があれば良いというわけには行きません。基礎力以外に分野ごとの専門性も求められますし、個人プレーの能力だけではなく部下の育成やチームビルディングなどのマネジメント能力も求められます。また20代なら構いませんが、30代で目に見えた仕事での実績がないと転職ではマイナスとなるでしょう。30歳を超えるかどうかで転職の難易度は大きく変わるのです。

転職活動は現職を続けながら行う

20代後半というタイミングを逃さず転職活動を行う場合、極力現職はすぐに辞めず転職活動は仕事を続けながら行いましょう。転職活動に集中するために現職を辞める方もいますが、その場合その間の生活資金を用立てなければなりません。貯金が多い場合は構いませんが、それがないのであれば結局アルバイトなどで食いつなぐ必要があるので転職活動に使える時間はそれほど多くは取れません。
また雇用されていない空白期間は長期化するほど採用に不利なため、その意味でも退職後の転職活動は焦っていまいがちです。しかし中途採用にはその会社ごとの事情やタイミングの問題もあるので都合よく望む求人が現れるとは限りません。せっかく転職を行うのですから可能な限り望みに合致した求人へ応募するべきです。
一方既に退職している方の場合はスピード勝負なのだということをよく理解する必要があります。転職活動を早め早めに行い、空白期間を伸ばさないようにしましょう。

更新日:2016.3.22

PV数No.1!

ボーナス支給後もアリ

転職をする際に、ボーナスを貰った後で今の職場を辞めたいけれどもそれでは角が立たないかと悩まれる方は多いのではないでしょうか。確かに全ての転職のケースでボーナスの支給直後の転職が上手くいくわけではありません。しかし、ある程度のコツを押さえて上手く立ち振る舞うことで、ボーナス支給直後に転職をすることも可能です。ただし、新しい転職先に迷惑をかけるようなことは無いよう気をつけましょう。

READ MORE