転職するなら今でしょ! 転職するなら今でしょ!

管理人は20代の頃から何度も何度も転職を繰り返してきました。そうした経験から特に20代の転職は早ければ早いほど有利であることや、環境を変えることで視野が広がり自分の志望分野の見極めにも役立ち、良いキャリア形成につながることを実感してきました。それらの経験を提供するためにこのサイトの運営をしています。何かお問い合わせがあればこちらのリンクからご連絡ください。

季節ごとの特徴を知る

季節ごとの特徴を知る

季節の違いが転職市場に影響する理由

転職活動で成功を収めるためにはタイミングが重要になります。特に今が1年の中でどの時期にあるのかという季節感のタイミングは、多くの人が思っている以上に重要です。企業は通常1年毎の決算で動いており、そのため1年の中で翌年の計画を立てる季節、その計画に合わせて人事異動や人材補充を行う季節、今年度の計画の実施を評価する季節と分かれているのです。このサイクルは日本企業の場合4月から始まる年度のタイミングに重ね合わせている会社が一般的です。
当然、転職活動を成功させるためには企業の人事異動が行われ、人材補充や採用活動が活性化する季節に合わせて行った方が有利といえます。

採用ニーズが堅調な4〜7月

多くの企業で年度始まりとして1年がスタートする季節になります。この時期は前年度決算を踏まえて新年度の事業計画や採用計画が具体化される季節になるため企業の採用意欲も堅調です。ただし、その採用計画が満たされると新たな募集は行われず、どうしてもその企業に行きたい場合は翌年まで待つしかないということもあり得ます。準備のことも考えると転職活動を始めるタイミングとしては少し遅いかもしれません。

採用活動が停滞する8月

この時期は多くの企業で夏休み期間に重なるため採用活動が一時的に大きく停滞します。特にメーカーの場合は一度工場を止めるとすぐに動かすのが難しく、夏場は消費電力の大きさからコストも割高になりやすいなどの理由で夏休みも長期化するためにその傾向は顕著になります。
8月までに転職しなければならない事情があるのであれば、遅くとも7月までには転職活動を終えられるようなスケジュールで動くべきでしょう。

下半期ニーズが生まれやすい9〜12月

8月に下がった採用ニーズが徐々に活性化する季節になります。特に10月は多くの会社で人事異動が行われますが、新体制が動き出すとピンポイントで人材の不足が明らかになることがあり、急に募集を行うことなどがあります。
なお12月は年末年始があり8月同様長期休暇と重なる可能性が高いため、転職を急ぐのであれば12月上旬までに決着をつけるようにした方が良いでしょう。

中小企業への転職に狙い目な1〜3月

この季節は大手企業で新卒採用に力を入れている企業の場合、新卒の受け入れ準備や研修などで人事部が忙殺されていることが多く、中途採用に対して積極的でない例が多くなります。しかし新卒を採用しない、あるいは採用人数の少ない中小企業やベンチャー企業の場合、翌年度に備え中途者の採用には意欲的になる季節でもあります。

更新日:2016.1.21

PV数No.1!

ボーナス支給後もアリ

転職をする際に、ボーナスを貰った後で今の職場を辞めたいけれどもそれでは角が立たないかと悩まれる方は多いのではないでしょうか。確かに全ての転職のケースでボーナスの支給直後の転職が上手くいくわけではありません。しかし、ある程度のコツを押さえて上手く立ち振る舞うことで、ボーナス支給直後に転職をすることも可能です。ただし、新しい転職先に迷惑をかけるようなことは無いよう気をつけましょう。

READ MORE