転職するなら今でしょ! 転職するなら今でしょ!

管理人は20代の頃から何度も何度も転職を繰り返してきました。そうした経験から特に20代の転職は早ければ早いほど有利であることや、環境を変えることで視野が広がり自分の志望分野の見極めにも役立ち、良いキャリア形成につながることを実感してきました。それらの経験を提供するためにこのサイトの運営をしています。何かお問い合わせがあればこちらのリンクからご連絡ください。

転職先で活躍するために!仕事の出来る人が大切にしていること

転職先で活躍するために!仕事の出来る人が大切にしていること

仕事の出来る人は仕事を効率よく進めている

仕事の出来る人は、作業を一度に終わらすことや必要のない作業を省くことを考えています。 無駄を省くことで空き時間が出きるため、本来時間をかけるべき仕事に集中することができます。 そうすることで、仕事の質が上がるだけでなく仕事のやり方を常に改善しようとしているので、自らの成長にも繋がっていくのです。
仕事のできない人は、効率よく進めるという考えはなく、仕事を終わらせることに注力している傾向があります。

過去の資料を引用したりファイルを使い回すことで作業時間の短縮を図る

過去に使った資料やファイルを使いまわすことができれば、結果として作業時間の短縮を図ることができます。
必要に応じて情報の更新は行いますが、一から作り上げる時間と労力は必要ありません。
反対に、仕事の出来ない人は全てを一から作り上げようとします。

仕事の目的を把握している

仕事の出来る人は、仕事の目的を理解した上で業務に取り組んでいます。
仕事の目的を理解していると、何を優先してどのような行動を取ればいいか考えられます。
率先して行動を取れるようになるだけでなく、全体を考えられることで視野を広く持つことができます。
仕事の出来ない人は、仕事の目的についてあまり理解しておらず、言われたことしかやりません。

仕事の手を抜くところを分かっている

自分の体力や精神力、持っている時間などには限界があります。
全て手を抜かずに仕事をすると、途中でバテてしまい、力をいれるべき場所で倒れてしまう可能性もあるでしょう。
仕事の出来る人は、仕事によって力の入れどころと抜きどころを理解しているため、メリハリを持ちながら仕事に取り組めます。
しかし、仕事の出来ない人は、全ての業務に時間をかけてしまいます。

実践から学ぼうとしている

仕事の出来る人は、知識だけでなく行動を起こして体に叩き込もうとします。
頭と体の両方を使うことで覚えやすくなるだけでなく、失敗したとしてもそこから学ぶことがあるので、自然と成長することができます。
しかし、仕事の出来ない人は知識だけで覚えようとしたり、失敗を恐れて行動に移さない傾向があります。
上記のように、仕事の出来る人と出来ない人の違いというのはハッキリしています。 仕事が出来る人は自ら考えて動くのに対し、仕事の出来ない人は自ら考えず人から言われたことに対してだけ動いています。
仕事が出来る人になるには、自分で考えて行動を起こす積極性と、失敗を恐れない気持ちが大事ですね。

更新日:2019.3.26

PV数No.1!

ボーナス支給後もアリ

転職をする際に、ボーナスを貰った後で今の職場を辞めたいけれどもそれでは角が立たないかと悩まれる方は多いのではないでしょうか。確かに全ての転職のケースでボーナスの支給直後の転職が上手くいくわけではありません。しかし、ある程度のコツを押さえて上手く立ち振る舞うことで、ボーナス支給直後に転職をすることも可能です。ただし、新しい転職先に迷惑をかけるようなことは無いよう気をつけましょう。

READ MORE