転職するなら今でしょ! 転職するなら今でしょ!

管理人は20代の頃から何度も何度も転職を繰り返してきました。そうした経験から特に20代の転職は早ければ早いほど有利であることや、環境を変えることで視野が広がり自分の志望分野の見極めにも役立ち、良いキャリア形成につながることを実感してきました。それらの経験を提供するためにこのサイトの運営をしています。何かお問い合わせがあればこちらのリンクからご連絡ください。

楽しい仕事は存在しない

楽しい仕事は存在しない

楽しい仕事はない

「楽しい仕事をしたい」という気持ちは誰にでもあるものだと思います。しかし、安易に楽しい仕事を探そうとしてはいけません。どんな仕事だって楽しいだけではないからです。確かに仕事によっては楽しそうに見える瞬間や華やかな瞬間はあるでしょう。しかし、それは仕事で結果や成果を出せてこそです。その結果や成果を出すためには地味で退屈に感じられる準備や練習が大切であり根気が求められます。また、結果や成果を求められることに対するプレッシャーも感じるでしょう。趣味で遊んでいるわけではありません。仕事である以上お金が動き、その金に対する責任が発生するのです。

楽な仕事もない

同じように楽な仕事もありません。一見すると楽そうに見える仕事もあるかもしれませんが、その仕事をするためには高度な資格が求められたり参入障壁が高かったりといった事情があります。今が楽に見えても見えないところや過去に努力の積み重ねがあるのです。
もしそういったことを加味しても楽、あるいは割りが良いといえる仕事があったとしたら、長くは続けられない可能性が高いでしょう。現代は昔のように産業や職業が固定化していたような時代ではありません。本当に割りの良い楽な仕事があれば、やりたがる人も多くすぐに求職者や参入者が飽和して割りが良い仕事でも楽な仕事でもなくなってしまいます。

100%自分に合った仕事もない

自分に合った仕事をしたいということを考えている人も多いかもしれません。しかし、100%自分に合った仕事というものはありません。どんな仕事の中にも面倒に感じる瞬間や、苦手を感じる瞬間は必ずあります。そうしたマイナスの部分に折り合いをつけて自分の力を発揮し成果を出していかなければなりません。
逆の視点で言えば、100%自分に合わない仕事や何も得るもののない仕事というのもありません。例えば本当は営業の仕事がやりたかったのに、内勤の仕事に配属されたというようなこともあるでしょう。そうした時に初めは興味がなかったけれども真面目に取り組んでみたら事務や管理の仕事の面白さもわかったし視野が広がったということもあります。

仕事に楽しさを見つける

仕事を楽しめるようになるためには楽しい仕事を見つけるのではなく、仕事の中に楽しさを見つけるようにしましょう。どんな仕事にだって楽しい面と楽しくない面があります。そして学ぶべきところも必ずあります。もちろん自分の適性を最大限発揮する仕事を見つけようとすることは大切ですが、同時に今任されている仕事で最大限のパフォーマンスを発揮することが、キャリアを切り開いていく上でとても大切なのです。

更新日:2016.1.4

PV数No.1!

ボーナス支給後もアリ

転職をする際に、ボーナスを貰った後で今の職場を辞めたいけれどもそれでは角が立たないかと悩まれる方は多いのではないでしょうか。確かに全ての転職のケースでボーナスの支給直後の転職が上手くいくわけではありません。しかし、ある程度のコツを押さえて上手く立ち振る舞うことで、ボーナス支給直後に転職をすることも可能です。ただし、新しい転職先に迷惑をかけるようなことは無いよう気をつけましょう。

READ MORE